FC2ブログ

Ska~l To The World

2010年7月出産♪一児の母。カナダ・トロントでのワーホリ生活後、子供英語教室講師→休職中。英語子育てと海外生活で気づいた事や英語について書きま~す。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

St.Patrick's Day Parade in Tokyo

2009031620502620090316205021200903162050172009031620501220090316205004
明日3/17はセントパトリックスデー

5世紀にアイルランドでキリスト教を広めた聖パトリックを讃えた日

アイルランドのカラー、緑のものを身につけて、国花のシャムロックがシンボルマーク

日曜に表参道であったパレードに行ってきた
アイルランド人かは、不明だけど、たくさん外国人来てた~★

トロントに行くまでは、こんな文化知らなかったな。
自分のアンテナを少し高くするだけで、色々東京にいながらにして楽しめるのね~

On March 17th, its St.Patrick's Day
Its a Irish traditional national day. The day roots from praising St.Patrick, who propagated Chrirtianity in Ireland in 5th centry.

On the day, they put on something green which is symbol colour of Ireland, and they have three-leaf plants, shamlock.
This parade in Tokyo started in 1992, and its getting bigger and bigger as years go by.

It was fun to feel Irish culture in Harajuku. I was surprised to know that many Irish ppl are living in Japan. Im not sure if most foreigners who were there were from Ireland, though.

It reminded me of the time when I was in Toronto. I put on green clothes and had green beer!!

I dont know where we can drink green beer here, but it would be a good experience if you can try one.

Tmrw, at many Irish pubs,you can drink 1pint of beer at 500yen
Its worth hanging out
スポンサーサイト

| About me その他 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:3 | TOP↑

≫ EDIT

20世紀のはじまり 「ピカソとクレーの生きた時代」展

デュッセルドルフにあるノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館が所蔵する
西欧近代美術のコレクションを一挙に公開。

特に、ピカソとクレー作品のコレクションは、特に高い評価を受けている。

今回、美術館が改修工事のため休館する機をとらえ、
このコレクションを世界に先駆け日本で初めて大々的に紹介する展覧会が実現。

同館が誇るピカソとクレーの名作を中心に、ミロ、マティス、シャガール、マグリット、エルンストなど西欧近代美術の人気作家、そしてマックス・ベックマンやフランツ・マルク、オスカー・シュレンマーなどドイツ近代美術を代表する作家を含む厳選された23作家の名品で、20世紀前半という極めて魅力的な美術の世界を展観。
------------------
渋谷 Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_09_k20.html

開催期間: 2009年1月2日(金)~3月22日(日) 開催期間中無休
開館時間: 9:30~19:00 金・土曜日は21:00まで(入館は閉館30分前まで)

------------------

土曜のお昼に行ったけど、そんなに混んでなかった

絵画数は、70点弱と少なめだったけど、
結構いい作品が多かった。
系統別になっており、見やすかった。

個人的には、ピカソの「鏡の前の女」 が好きだった

ピカソはかなり観てるけど、
とても平和な、外からの風がそよぐ感じが伝わってくるほんわかした作品。

天性のプレーボーイ、ピカソも、落ち着いて、人を愛してる時期もあるのかなぁ、と
感じた作品でした
窓の前の女

もちろんクレーもよかった。
きっと穏やかな人だったんだろうなぁ。

さて、来週は、ルーブル展、楽しみだ♪

| Art | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。