FC2ブログ

Ska~l To The World

2010年7月出産♪一児の母。カナダ・トロントでのワーホリ生活後、子供英語教室講師→休職中。英語子育てと海外生活で気づいた事や英語について書きま~す。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北風と太陽 ~生徒に教えてて思うこと~

20080609020902
イソップ童話『北風と太陽』から

あるところに、北風と太陽がいました。

ある時、その2者が力比べをする事になりました

『どっちの力がもっと強いのか

決着がつきません。

そこで旅人のコートをどっちが脱がせることができるのか。

北風が力いっぱい吹いて、コートを吹き飛ばそうとしました。
しかし、旅人は逆にコートをしっかり押さえてしまい、脱がせることはできませんでした。

次に、太陽がサンサンと照りつけた。すると、旅人は暑さに耐え切れず、
自分からコートを脱ぎました。

はい!太陽さんの勝ち


企業で働いてた時、部下を指導する立場にあったり、
今、生徒と向き合う生活を送ってる時、
いつもこのお話を思い出しますニコニコ。 正面

一生懸命厳しい態度で、相手を動かそうとしても、余計に相手が頑なになってしまう。
ふと暖かい言葉をかけたり、違う角度からのアプローチで相手が自分から動いてくれる。


確か、そんな教訓だったと思います。


反抗が激しい生徒に対して、早速役に立ったコトをひとつ

いっつも、宿題をやって来ない生徒がいました。
注意をしても、厳しくしても全く反応なし。
かえって反抗されてしまう・・・。

そこで、一言。

『来週、宿題やって来なかったら、先生Nちゃんの事、つよ~く抱きしめて、
 あつ~いKissをブチューってするね!』

効果テキメン! ばっちり宿題をやってきてくれました(笑)
周りの雰囲気も和やかなままで、進められますしね♪
特に小学生には効きました。
生徒の性格に合わせた色んなアプローチが必要なんだと実感。

このアイディアを教えて下さった先輩先生に感謝です。


人を動かすって、子供相手でも大人相手でもとっても大変で、楽しいコトなんだな



参考:Wikipedia『北風と太陽』
スポンサーサイト

| 幼児教育 | 01:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あら、こんな素敵なBlogが。
ええ話やー

| む | 2008/06/12 01:08 | URL |

>む

あら。
わざわざ来ていただいて。

ありがとー

| nana | 2008/06/12 19:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nana0811.blog19.fc2.com/tb.php/166-5cab4d0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。